バンギの飼い猫レパルダス

Twitter @Tyranitar_cat

図太いメガリザードンY軸


種族名 特性 性格 持ち物 技1 技2 技3 技4
リザードン 猛火→日照り 図太い リザードナイトY 火炎放射 エアスラッシュ 岩石封じ 羽やすめ
バンギラス 砂起こし 意地っ張り ゴツゴツメット イカサマ 追い打ち 岩石封じ 毒々
エルフーン 悪戯心 図太い 食べ残し 挑発 毒々 身代わり 守る

メガリザードンY 185(252)-111-140(236)-179-135-123(20)
HB
233メガバシャーモの晴れフレアドライブ2発の瀕死率約48%、飛び膝蹴りのダメージ61-72。

岩技の無いバシャーモルカリオクチートに対して強気に動ける所に注目した。
火力に努力値を割かなくても、天候と相まって裏にそこそこの負担をかける事が出来る。

エアスラッシュバシャーモ、岩石封じはファイアローウルガモスへ打つ事が出来る技。
バシャーモウルガモスに対しては後出しする事も多い。


バンギラス 207(252)-170(4)-159(228)-x-123(20)-82(4)
HB
177メガガルーラの捨て身タックル+地震を急所非考慮でほぼ耐える。

メガガルーラのノーマル技を半減で受ける事ができ
対面でのグロウパンチに対しては固いメガガルーラに対してもゴツゴツメットイカサマで確実に落とす事が出来る。
(砂+イカサマだとメガガルーラが生存する可能性がある)

追い打ちは面倒なメガゲンガーに抗うためと、削れたメガガルーラを逃がす無く処理するため。
岩技も、その場の状況に応じてファイアローウルガモスボルトロスを誤魔化す事が出来る。
毒々は、バンギラスの役割が終了した後にエルフーンと合わせて相手のポケモンを処理するルートを確保する技。


エルフーン 161(204)-x-149(244)-x-98(20)-141(36)
HB
182ガブリアス地震を身代わりが2つ切りで耐える。
S
大体の毒ボルトロスを抜ける。

残りの2匹が苦手なガブリアスに対して強気に動けるポケモン
一度有利対面を作れば、毒+身代わり+守るによって強力な削り性能を発揮する。

挑発は消耗したスイクンを眠らせない技。
同じ役割なら、悩みの種も候補に上がるのだが
挑発の対カバルドン性能等、単純に便利な点を評価して挑発とした。

一般的なエルフーンの持ち物も食べ残しなため
毒々や守るを見せるまでは、アンコールは5つ目の技となる。


裏日本対戦会やめーぽけオフでこの3匹を軸として使用していた。
数の多い対面構築に対してはこれが基本選出となる。
裏を煮詰めてもう少し使用したいと思ったが、使う機会が無さそうなので公開。

HBメガリザードンYの性能が魅力的で考え始め、この並びと技構成が結論となった。
使っていて非常に面白い軸にはなったが、こちらが運勝ちする技がほぼ無く
対して被段回数の関係上追加効果をひく試合が多くなるのが弱い部分。
ウルガモスの増加により、岩技がどこから飛んでくるのかが分からない所も向かい風。

今回の図太いメガリザードンYのように
そのポケモン独自の性能があるのなら、メガガルーラ以外のメガシンカポケモンも十分魅力的に思える。
まだ6世代のオフにいくつか参加する予定なのでもう1匹くらいはそのようなポケモンを見つけたい。